未分類

外銀IBD(投資銀行部門)のランキング/年収/激務度/転職事情を解説。

この記事では、外資系投資銀行(俗に言う「外銀」ですね)の中の投資銀行部門(IBD)について、企業一覧からランキング・年収・転職事情について解説していきたいと思います。

この記事を読んでいる皆さんは、転職先として、外銀IBDへの興味を持っていることかと思われますが、具体的に、どのようなイメージをお持ちでしょうか。

華やかド派手高給の代名詞だった外銀も、リーマンショック以降は徐々に変わってきております。昔のままのイメージで就職して後悔しないように、本記事で外銀の現状を理解しておきましょう。

投資銀行一覧

ゴールドマンサックス
モルガン・スタンレー
JPモルガン
メリルリンチ
シティバンク
バークレイズ
UBS
ドイツ銀行
ラザードフレール

外銀IBDのランキング

一般的に、世間では、外銀IBDは、1st Tier、2nd Tier、3rd Tierの3つのグループに分けて考えられています。1st Tierが一番評価が高く、3rd Tierが一番評価が低いという意味です。(外銀という業界自体がとてつもなく凄い業界なので、「その中で」という意味ですが)

それでは具体的に、1st Tier、2nd Tier、3rd Tierにどの会社が属しているのか、具体的に見ていきましょう。

1st Tier

ゴールドマンサックス、モルガン・スタンレー、JPモルガン

2nd Tier

メリルリンチ、シティバンク、バークレイズ、ラザードフレール

3rd Tier

ドイツ銀行、UBS

リーグテーブル