転職

FASから外銀IBDや日系証券IBDに転職は可能?商社やアセマネや外コンについても解説。

はじめに

MA業務に携わりつつある程度のライフワークバランスも確保できるFAS系ファームは、一定の人気を保持しているものの、やはり高給で有名な外銀IBDや、退職金や家賃補助など福利厚生の手厚い日系証券IBDへの転職を目指している方も多いように感じます。

そこで、FAS系ファームから実際に外銀IBDや日系証券IBDへの転職が可能かどうかまとめてみました。

また、これらの企業と同様、高給である総合商社、外資コンサルやアセマネ業界への転職事情もまとめてみたので、FAS系ファームに在籍している方や、FAS系ファームへの就職・転職を考えている方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

外銀IBDや日系証券IBDへの転職

まず、FAS系ファームでの業務内容がDDであるか、バリュエーションであるか、FA(ファイナンシャル・アドバイザー/エグゼキューション)であるかにより、IBDでの業務と関連性が大きく変わります。
FAS系ファームで基本的にDDしか行っていない場合には、IBDには完全な未経験者として入ることとなるため、30歳以下でないとまず厳しいでしょう。また、外銀IBDは、日系証券IBDなど業界経験者からの転職が多いため、こちらも厳しいと言わざるを得ません。そのため、外銀IBDへの転職を目指すのであれば、一旦国内証券IBDへの転職をしてから目指すのをオススメします。
国内証券IBDは、もしJCPAやUSCPAを持っているのであれば大きく評価してもらえますし、完全なIBD業務未経験者であっても、ポテンシャル採用の中途採用も行っているため、FAS系ファームからでも十分に狙えます。
特に最近、国内証券IBDでは、残業規制により残業時間が大幅に減っており、その分採用枠を拡大しています。そのため、入社難易度も下がっており、転職するには大きなチャンスと言えるでしょう。
給与については、給与だけ見ればFAS系ファームと大差ない(転職によるプラスα程度)ですが、退職金等を考えると日系証券の方が良いため、もし興味があるのであれば転職するのが良いと思われます。

総合商社への転職

意外かと思われるかもしれませんが、総合商社への転職もFAS系ファームからは非常に多いです。この場合、多くは総合商社のMAチームに入ることとなります。この場合、短期的には年収が上がることも多く、福利厚生や退職金はFAS系ファームと比べ遥かに良いため、基本的には良い転職と言えるでしょう。
ただし、総合商社へ転職後出世できるのかどうか、FAS系ファームでディレクターやパートナーになれる場合と比べて良いかどうかを慎重に見極める必要はありそうです。

あわせて読みたい
投資銀行
外銀IBD(投資銀行部門)のランキング/年収/激務度/転職事情を解説。この記事では、外資系投資銀行(俗に言う「外銀」ですね)の中の投資銀行部門(IBD)について、企業一覧からランキング・年収・転職事情につい...

事業会社への転職

事業会社への転職の場合、経営企画部や財務部への転職が多いでしょう。FAS系ファームと比べての給与水準は同じか、やや落ちるかくらいですが、こちらもライフワークバランスや福利厚生を考えての転職ということになります。

外資コンサルへの転職の場合

FAS系ファームから外資系戦略コンサルへの転職をする方もごく稀にはいます。この場合、戦略コンサルは完全に未経験となるため、新卒3年目以内でのケースが多いでしょう。ただし、この場合、FAS系ファームで磨いた会計の知識等は役に立つことが少なく、非常に親和性が低いという意味で、あまりオススメできる転職ではないかもしれません。年収も、FAS系ファームよりは若干高いかもしれませんが、内部での競争力や残業時間を考えると決して良いとは言えないでしょう。

アセマネ業界

アセットマネジメント業界は、ホワイト高給と言われるジャンルで、最近巷で人気の出てきている業種ではありますが、こちらもふぁs系ファームの業務との親和性は無いに等しいと言えます。こちらも新卒3年目以内で、大きくキャリアチェンジをしたいという人向けの転職となるでしょう。

終わりに

以上、ここまでFAS系ファームの転職事情をまとめてきました。いかがでしたでしょうか。
転職の際には、非公開求人を持っていたり、採用枠に空きが出ている状況などを把握している転職エージェントを使うのがオススメです。アンテロープやConcordやビズリーチは、ぜひ登録しておくことをオススメします。