未分類

公認会計士は投資銀行(IBD)へ転職できる?転職エージェントも解説。

公認会計士の中には、会計の知識を用いて、投資銀行(IBD)で活躍したいと考えている人もいるでしょう。

特に最近は、監査法人内では無く、監査法人の外での活躍を目指している公認会計士が多いように感じます。(それには、監査法人の年収の低下傾向が影響しているのかもしれません。)

そこでこの記事では、監査法人やFASから投資銀行(IBD)への転職事情についてまとめてみました。

監査法人からの転職で投資銀行(IBD)を目指す場合

最近では、働き方改革の影響で、かつてのような長時間労働を社員にさせられなくなったため、各証券会社は採用人数を増やしています。日系証券では、特に最大手の野村証券が採用人数を増やしている印象です。そのため、今このタイミングで日系証券を狙うというのはまさにうってつけのタイミングでしょう。
野村証券では「会計士枠」での採用もあると聞いたことがありますので、公認会計士で投資銀行(IBD)への転職を考えている人には、特に狙い目の企業だと思います。野村証券を始めとする日系証券のIBDへの転職では、IBD未経験者でも比較的採用してもらいやすいイメージです。実際に、監査法人(FASではない)から野村証券への転職をした人は周りにたくさんいます。
一方で、外資系投資銀行IBDへの転職は相当難易度が高いと言わざるを得ません。特に、Top Tierと言われるゴールドマンサックス、モルガン・スタンレー、JPモルガンは、2nd Tier以下の外銀IBDの人も中途で狙っていますから、その中でIBD未経験者が面接で競り勝つのは至難の技と言わざるを得ません。
外資系投資銀行IBDを目指したい人は、日系証券IBDを経由して狙うのが良いでしょう。その場合、IBDは若さが評価される業界ですから、監査法人からの転職はなるべく早いほうが良いと思います。

FASからの転職で投資銀行(IBD)を目指す場合

FASとは、「ファイナンシャル・アドバイザリー・サービス」のことで、Big4系(PwCアドバイザリー、DTFA、EYTAS、KPMG FAS)が有名です。

IBDの志望理由が「お金」であるならば、他の選択肢も

IBDに転職したい理由としては、やはり「お金」であることが多いでしょう。もっとも、監査法人やFASの年収が悪いわけではありませんが、公認会計士試験を突破できる能力や、専門性・学歴を考えるともう少し年収が欲しいと思っている人が多いのも事実だと思います。

しかし、公認会計士として養った会計のスキルを使いつつ高い年収が狙える職業は、IBDだけではありません。

例えば、アセットマネジメント業界(いわゆるアセマネ)では、日系のアセマネ会社なら監査法人と同程度の年収ですが、外資系のアセマネに転職すれば30歳で2000万も狙うことができます。

また、会計の知識がより活かしやすい職であれば、外資系投資銀行のファイナンス部門なんかは、仕事内容は経理ですが、監査法人より遥かに高い年収を得る事ができます。

よりハイリスクハイリターンを狙うのであれば、ベンチャーのCXOという手もあります。

いずれにせよ早い決断を

ここまで公認会計士のIBDへの転職事情を説明してきましたが、いずれにせよ、動き出すなら、一刻でも早く動き出すのが良いと思います。
監査法人の場合、2年間いると実務経験をみたし、3年いれば終了考査の直前期に特別有給が使えるし、3年半いればSS(シニアスタッフ)に昇格して年収が上がるし、、、など、監査法人に残るインセンティブが各所に存在していますが、IBDへ行って将来的な年収を上げるのが目標なのであれば、一刻も早く辞めるべきだと思います。

登録すべき転職エージェント